プロフィール

どら

Author:どら
子供は11歳15歳18歳の男児(?)。
3代目相棒は大型犬♀ゴールデン3歳。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ポケットの中味
子供と犬とあわわな毎日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月21日 その3
がろ(黒ラブ♀)の話。
お空にいってしまった次の日の話。

霊園。

到着して まず がろを
祭壇(ていうのかな?) に のせるのです。
そして
お別れを どうぞ
と いわれるのです。
なんだか お線香 あげちゃったりするのです。

最後になるんだろう なでなで。
もう大変。
がろの顔に わしの顔をひっつける。
がろ また かえっておいでよ
って たれ耳な 耳元で つぶやいてみる。
もーーーー 大変。


それから

それから
名前は なんていうのか わからんが
火葬するマシーンに 入れるための プレート(?)に
がろを うつして(ぎゃー)
もってきた がろの 好きなモノや
みんなで えらんだ お花を 一緒にもたせて

そして
そして
マシーンに 入れて そして
スイッチが おされるのです。

悲しくて悲しくて悲しくて
もうもう
さらに 大変。

涙が ありえんくらい でて
悲しい以外のことが なーんにも考えられなくなって

がろが
がろが
がろが

って つぶやいてて
いきが できなくなってくる
あたまが しびれてくる
てのさきが しびれてくる
たっていられなくなって
しゃがみこむ
もう 指の先が しびれすぎて 動かない

ソファーで休んだら と すすめられて(多分)
かいくんに 支えられながら 移動。

おかしいな
わし
がろは 犬だから
家族だけど 子育てパートナーだけど
子供ではないし 兄弟でもなく
べたべたに あまくなかったし
いや きびしいくらいだったと おもうし
一線引いて 一緒に 暮らしてきた つもりだし
こんな日がくることは 十分に 覚悟してきたのに
なのに なのに
なんだ この状態は

ありえん



途中 かいくんが はじ(長男中1)を 部活に送っていった。
そーちゃん(次男小4) きいち(三男小1)と わし だけになった。
いかん しっかりしないと。
若干 我に返る。

そして きいちに
「おかあさん おもいでよ」
って はげまされ
さらに 我に返る。

そのうち はじを 送った かいくんが
もどってきてくれて

押し寄せる 変な 精神状態と 闘いながら
供養プランをえらんだり
骨をおさめるツボをえらんだり
骨をひろったり
料金を支払ったり。

わしは
納骨堂の見学は 無理だった。

そーちゃん きいちは
骨に近づくのが 無理だった。

そして
可愛らしい 桜の模様の砥部焼のツボ におさまった がろを
そーっと だっこして
にゅーが 一生懸命 お留守番してるだろう 家に帰ってきた。

それからも
わしは 涙がとまらず
後日 はじに
あの おかーさんの 顔は やばかった
と いわれるほど 目がはれまくるのであった。


@@@@@@@@@@@@@
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://3chibis2dekawans.blog90.fc2.com/tb.php/409-9ea567ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。