プロフィール

どら

Author:どら
子供は11歳15歳18歳の男児(?)。
3代目相棒は大型犬♀ゴールデン3歳。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ポケットの中味
子供と犬とあわわな毎日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出動率高し
3ちびの通う(通っていた) 小学校は
ちょっと 遠いです。
行きは 歩いて40分ほど。
帰りは なかなかの上り坂なので(うちが山の上にある)
1時間かかります。

だから
ちょっと 体調が悪い時
学校休むほどではないけれど
長時間歩くのは しんどいだろな
という日は
本人も 親も たどり着けるか 不安なので
車で送ったり 迎えに行ったり しています。

登校は、集合場所に集まっての 集団登校です。
7時5分に集合場所を出発するので
うちを7時には出ないといけません。
間に合わせるために 毎朝戦争です。
間に合わない時もあります。
間に合わなかったら 車で送っていきます。

これくらいの 遅れなら 少し走ればおいつくだろう と
放り出したこともあったのですが
15分後 きいち(三男小2)が
そーちゃん(次男小5)につきそわれて
膝から血を流して 帰って来て
結局 車で送って行きました。

ある時は
ぎりぎりで放り出して
やった 間に合ったわと 油断していたら
20分後 そーちゃんが 息を切らせて帰ってきて
「きいちが きいちが 苦しいって」
大慌てで 車で行ってみると
喘息おこした きいちが
坂の下の方の道端に 座り込んでいました(こわっ)。
そーちゃんは きいちを そこに座らせて
自分の荷物一式 そこにおいといて
その上り坂を 猛ダッシュして 帰ってきてくれたのです。

喘息騒ぎはもう1回ありまして
その時は そーちゃんが
道行く人に 携帯電話貸して下さいと 頼んで(!!)
わしに電話くれて 迎えに行きました。


今朝は。
今朝はですねっ なんと 皆が出発10分前には 準備完了する
という 奇跡の朝 だったのです。
見送るワタクシの
「いってらっさーい」の声も 余裕のひびきですよ。
やったわー。
いつもこうありたいわー。
洗濯物ほしたら コーヒーのんじゃうよー。

と。
窓の外から

「おかーさーーーーーん」

の声。
ぎゃ。
窓から覗くと 大慌てのきいちが
門から入ってきて

「といれーーーーーーー」

いそげいそげと
水泳バッグをおろし
水筒をおろし
ランドセルをおろして
トイレにかけこみました。
セーーーフ。
10分ほど トイレにこもって
でてきた きいちは

「はー すっきりーーー。
 トイレいくの わすれとった~」

と。

車で送って行きました。


@@@@@@@@@@@@@
奇跡の朝が。
いや でも
無事でなにより。

7時半すぎるまでは油断するな
↓ クリック。
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@

スポンサーサイト
虫バナシが続きますが。
ある 秋の日。

わしが うつぶせになって 休憩してたら(ぐうたらしていたとも言う)
学校から 帰った きいち(三男小1)が

「ほらっ これみてみてー」

と わしの 目の前に 手のひらを 差し出してきました。
至近距離過ぎて よく見えません。
老眼とかでは なく
至近距離過ぎて 見えません。

ん?

ベージュっぽい 小さい丸いものが
いっぱい
10個くらい 手のひらにのっているようでした。

「なにかの たね?
 どっかで ひろってきたのか なぁ?」

と のんびり答えながら
体を 起こして 改めて 見ると。


「!!!!!  ← 息をのんだ
 だっ ぎっ
 ぎっ
 こっ きいち これっっ」

久々に あたふた しちゃいました。うふ。

なんだったかというと
それは
どんぐり虫たち。

どんぐりの中から 出てくる
小さい くるっと 丸まる 芋虫くん。

わしのあたふたを 聞きつけて
はじ(長男中2)と そーちゃん(次男しょう4)が
やってきて

「うっ うううううわっ きもっっつつ」
「きいいいちっ はよ すてんとっっ」

こらこら こらこら
もっと やんわり いわんかい。

案の定
「なんでよ
 ひどっ
 かわいいのに」
と ご立腹のきいち

詳しく聞くと
学校で集めたどんぐりから
たくさん 出てきて
それを 筆箱に入れて(ぎゃっ)
連れて帰ってきた らしいです。

どんぐり虫は お外がすきなんよー
さぁ ここに おいて
草をいっぱいとって
お布団にして 上に かけとこうねー

と 説得して
家のそとに 出すことに 成功しました。


ポケットに入れて帰って
そのまま 忘れて
洗濯する時
わしが 手を つっこんで ぎゃーーーーー とかならなくて
ほんとに よかったです。


@@@@@@@@@@@@@
はじも そーちゃんも
小さい時は
ダンゴムシコレクターだった くせに
↓クリック
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@



いつまで3人でいけるかな。
いつもの プール。
(プールの話は こちら と こちら

そーちゃん(次男小4)と きいち(三男小1)が
おにーちゃんも 一緒に いったら おもしろいのに
と かわいいことを 言うので

こないだ
部活終わりの時間に 中学校の校門近くで 待ちぶせて 

「はやくっ はやくのってっ。
 はやくしないと 混む時間になっちゃうからっ。」

と 校門から出てきた
よく 状況を 把握してないままの はじ(長男中2)を
なかば 無理やり 車に 乗せて
プールに 行きました。

もちろん そーちゃんと きいちは
海パン仕込み済。
秒速で 着替えを 済ませて プールに現れます。

やや。
今日は 5人 泳いでいる。
貸切じゃなくて 残念だけど
まぁ 仕方ない。

と 思っていると
海パンを 仕込んでなかった はじが
(仕込む暇もなく 連れてきたのは誰だ)
着替えを 済ませて 遅れて 入ってきました。



はじ。でかっ。


実は 先々月 6月にですね
とうとう わし はじに 背を 追い越されましてね。
でも はじは ちびちびはじ ですからね。
いつまでたっても イメージ的には ちびちびはじ。
なので 高い所に おいてあるものを
はじが 取ろうとしていると
あ とってあげないと っと 思ってしまう。
というか 取ろうとしてしまう。
届かんやろ と。
ははははははははははははは。 っち。

あれ。
なんだっけ。

そうそう。
それで でかっと 思ったわけです。
まわりは ちびっこばっかりの 小さなプールだったから
余計に 目立ったんですな。
うーん ちょっと かわいそうだったかしら と
仏心が よぎったのですが。

まず スライダー。
そして スライダー。
ははははははははははは、君もか。

それから
そーちゃん きいちと
もぐりっこっしたり
バブルリング作って見せたり
スライダーしたり
飛び込んだり(こら)。
所詮ちびちびはじでした。

混んできたので プールから上がると
3人が かき氷かき氷と やかましい。
いつもは ダメ と 一蹴りなのですが
「今日は お母さんの誕生日だから 特別に」
と言われて 思わず 食べさせてしまいました。

はじは メロン味。
そーちゃんは ラムネ味。
きいちは レモン味。

食べた後は

DSCN3905_convert_20110813100619.jpg

みどり~。



DSCN3906_convert_20110813100650.jpg

あお~。



そして

DSCN3907_convert_20110813100143.jpg

こわっ。


大満足だったもようです。

@@@@@@@@@@@@@
わし?わしは 自動販売機コーヒー
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
ナイスアドバイス。
今日も

海パンを仕込んだ
そーちゃん(次男小4)ときいち(三男小1)を連れて
お昼前後に
近所のプールへ。
(前回のプール話は こちら

貸切~♪

一時間半ほどいて
そのうち 1時間は うちのちびのみ。
飛び込み放題(ほんとは禁止)。
たのしげ。

ところで
ここの プールには ウォータースライダーがありまして。
スタートから ゴールまで 2,3秒という 短いものなのですが
これが なかなか どうして
かなりの勢い。
しかも コースが ヘアピン。

ミニスライダーだから と 油断して 望むと
怪我をするぜ べいべ(←だれ)

去年 きたとき
まんまと 油断して 望んだ きいち(当時5歳)は
勢いに まけて 両足が 上にあがってしまい
背中と後頭部から ゴール。
あちこち打つは 鼻に水は入るは。
大変こわかったそうで
それ以来 すべっておりませんでした。

が。
今日
さ あと 5分で 帰るよー
と声をかけた後
急に 再チャレンジする気になりました。
今度は 油断なしですから。
体勢をしっかり整えての ゴールー。

やったー

Vサインに ガッツポーズで こちらに アピール。

それから あと 5分だっていってるのに
休む暇なく スライダー。
連続 15回は 滑ったな。いや もっとかも。
もちろん 5分で 済むわけもなく。
時間は まだ いいとして
買ったばかりの 新品の 海パンの
おしりの布が わしゃぁ 心配で心配で。

まぁ でも 克服できてよかったね。


帰りの車の中。

き「おもしろかったーーー」
そ「ぼくが はなつまんだら? って
  いったんよ。」
き「そーちゃん おしえてくれた♪♪」

っぷ。
また いこーね。


@@@@@@@@@@@@@
おしりも無事で よかったよかった
↓クリック
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
だってきいち勇気あるけん(byそーちゃん)
そーちゃん(次男小4)と きいち(三男小1)を
近所の 温泉施設内にある 室内プールに 連れて行きました。

とても 狭いプールなので
10人もいると
混み合ってる感じがしちゃう。

なので 空いているのではなかろうか
という お昼前後をねらって 11時過ぎに行ってみたところ

やったー 3人しか 泳いでいなーい。

あらかじめ 海パンを仕込んできているので
秒速で着替えて
プールに 飛び込む 二人(飛び込み禁止ですよー)。

それは それは 仲良く遊びます。
けんかしたら
二度と連れてきてもらえない
というのが よくわかっているもようです。

12時になると 二人ぬけて
プールには うちの 2ちびと
3年生の 男の子が 一人だけに なりました。

男の子は ちょっと 距離をとって
そーちゃん きいちの いくところに ついていきます。

わははは
一緒に遊びたいんだろな。
どうするかなぁ と 思ってたら
そーちゃんが きいちに
こしょこしょっと
なにかを 耳打ち。

すると きいちが
とととー と 男の子に近づいていって
なにか いっておる。
どうやら
「いっしょに あそぼー」
と 言ったもようで
その後 3人で たのしげに 遊んでました。

思いつきはするが 勇気のでないそーちゃんと
思いつきはしないが 声をかけることに躊躇のない きいちの
連携プレーでありました。


@@@@@@@@@@@@@
はじは部活でいけなかったの。
行きたかったのにー とか まだ言うカワイイ中2男児に
↓クリック
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
そんな時もあるっしょ
バドミントンの練習に
出かける時間。

そーちゃん(次男小4)が
玄関を出るとき

「がろっ
 にゅーっ
 いってきまーーーす。」

と 言いました。

がろが いるみたいやなぁ と
嬉しくなって にやっと 笑ったんだけど
その直後 不意に どーーーーーんと 落ちますた。
がろに いってくるよと 言ってた毎日が
なんてか 愛おしすぎるのと
もう戻ってこないんやという現実とで
胸が くるしーーーーーーぃ。

でも 早くしないと 練習に遅れちゃう。
さぁ なみだを ふいて 出発するのよー。

そーちゃんと きいち(三男小1)と 車に 乗り込み
発進。

すると 車の中からも 家に向かって
そーちゃんが

「がろー にゅー
 いってくるよーー」

と 再び挨拶。

間髪入れずに きいちが

「がろ おらんよ」 ←悪気は一切ない(笑)

そーちゃんが

「いーーやんっ
 だって 家族やったんやしっっ」

うんうん
ふたりとも ごもっともです。

涙を ふきふき 体育館に 向かいました。


@@@@@@@@@@@@@
涙で前が見えないぜ。(←危険)
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
平常心平常心
宿題中。
きいち(三男小1)が

「あー つーかーれーたー」

と 言って
ごろんと 横になり

「だれかー ぎゅうぎゅう してくれー
 やさしくーーー」
 (※ぎゅうぎゅうとは マッサージのこと)

と言うと

「よし わかった」

と はじ(長男中1)が おなかを わしわしと くすぐって

そーちゃんが

「ここが つぼよね」

と 手のひらや 足の裏の ツボらしき場所を
きいちが いたいと 言うまで ぐいぐい おす。

もう とまらない。
ぎゃーははははぎゃーははははは。
結果 誰かが泣く。
やかましい。

そして
5分宿題やって
また20分ふざける。

いらっ

@@@@@@@@@@@@@
エアコンいれたから
にゅーだけ 静かに お昼寝中。
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
兄のプライドを刺激
さっきまで
寝転んで 自分の過去試合のビデオを 見てたはじ(長男中2)が
目をつぶっている。

はじは よく 寝たふりをするのだ。
わしは
また タヌキ(寝入り)だな
と 思ったとも。

その タヌキ寝入りはじ を 見た きいち(三男小1)は

「あ おにーちゃん ねちゃってる」

それを聞いて
そーちゃん(次男小4)は
つんつん と はじの 手を つついたり
指を 動かしてみたり。

それでも タヌキ寝入りを続ける はじ。

すると きいちが

「おにーちゃん ねてる
 かわいいなぁぁ
 あかちゃん みたい」

と 言った
その途端
タヌキは
むくっと おきあがって
きいちの おしりを ぺんと たたいたのだった。



@@@@@@@@@@@@@
小さな弟からのかわいい扱いは
勘弁ならんかったらしい。
まだまだだな。
きいちのかち。
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
ぐんぐんと。
あー ブログ かけてないなー
気になりつつ
ぬおー もう 2週間くらい たったかもー と
あわてていたんですけど
まだ(まだ? こら) 1週間でした。
なんと夏休みが過ぎるのは ゆっくっりなのだろー
と しみじみ 感じた 本日。
やっと 更新いたしますーー。

では。

4日ほど前だったかな。

ふと 思いついて

3ちびの背を はかりました。
柱に ぴったり かかとをつけて
直角なものを 柱にたてて 頭のてっぺんにあて
ボールペンで 印をつけました。

その後 メジャーで
その 印を測定。

それぞれが
4月当初 学校で測定してもらった 背丈より
高くなっており
ご満悦。

そして 翌朝
そーちゃん(小3男児)が
また 背の高さを測りたい というので 測定。

すると
そーちゃんも きいち(5歳男児)も
昨晩より 1センチほど 大きくなっていました。
(はじは 早朝より部活に出ており 不在)

おー。
朝より 夕方は 縮むってきくけど
ほんとに こんなにちがうんやねー と びっくり。

そして3日後の 昨日の話デス。

朝 起きてきた そーちゃんが
両足首あたりを おさえて
あしがいたーーい いたーーーーい
と 言います。
なので

あらー また 背が伸びてるのかなー 

と言うと
は!!
と 元気になり
測ってみよう と 言います。

で はかってみたところですね。
前回の朝の測定より
さらに 1センチちょい のびてるんですけど。
どういうことでしょう。

測定に使ったものは
同じもの。
いや 誤差はあるとしても
1センチ近くは 伸びているような。

最初の 晩の 測定からは
実に
2.2センチ程 のびてるんすよ。

ひゃー すげーなーーーー。

そう 喜び合ったんです。
どんどん 伸びるねーって。
ぼく 牛乳だいすきやけんよーーって。

で そんな そーちゃんは
本日
はじ(中1男児)と 二人して
初めて かいくん(3ちび父)の 実家へ
船に乗って 帰省しました。
はじは 2回ほど 一人で 帰省したことが ありますが
そーちゃんは 親抜きは 初めて。

うきうきで 船で 出発していった 4時間後。
わしの 携帯が なり
出てみると そーちゃん(実家の電話より)。

「おかーさん あのね
 おにーちゃんが さっき なかまはずれにしたんよ。」

・・・。
ごるぁーーー
すうひゃっきろ 離れてる 母に
告げ口電話 してくなーーーー。
自分で 解決せんかーーーーーい。

ってのは 心の叫びですけろ。

おにーちゃんに 仲間はずれにしないでねっ
って 言っとき。

と 伝えました。
そしたら

うんわかったー♪

って。
そんな 程度で 納得するなら
かけてくる必要が どこにあるのかっ。

体の成長と共に
しっかり 心も成長していただきたい
と 切に願う わたくしでございますデス。

@@@@@@@@@@@@@
明日 かいくんと きいち(5歳男児) と わしで
迎えがてら 日帰り帰省の予定。

そうそう。
わし 学生の頃 158センチ だったんだけどね。
一緒に測ったら
159.5に なってたよ!!!

もうちょっとで 憧れの160台。
がんばるぞー。
どうやってって
↓ぽちっとな。
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@
母が悪者になる時。
きいち(5歳男児)が
人が言ったことの真似をする。

そーちゃん(小3男児)との 会話。

そ「それちがうよ」
き「それちがうよ」
そ「なんでまねするん」
き「なんでまねするん」
そ「まねせんとってや」
き「まねせんとってや」

ここで いらっとくる そーちゃん。

そ「まねせんとっってっっ」
き「まねせんとっってっっ」
そ「もーーっ」
き「もーーっ」
そ「もー きいち いやっ」
↑ここで 部屋から 退場し
 どんどんどんと 足音荒く 階段をあがってゆく そーちゃん。

退場する そーちゃんを見ながら
きいちは「もー きいち いやっ」と まだまねをする。

なので
わしが さらに
「もー きいち いやっ」と まねしてみる。

き「おかーさん?」
わ「おかーさん」
き「まねしないで」
わ「まねしないで」
き「やーめーて」
わ「やーめーて」
き「もー おこるよっ どっかいく」
わ「もー おこるよ どっかいく」

ここで わーーーんと 泣いた きいちは
部屋を出て
玄関を出て
さらには 門からも 出て行った。

やや。

すると そーちゃんが 階段を 駆け下りてきて
「きいちはっっ?」

外に 出て行っちゃった と答えると

慌てて 靴をはいて 門の外へ。
そして 泣いているきいちを そっと誘導しながら
帰還。

「どっかいったら
 もう おとーさんにも おかーさんにも
 おにーちゃんにも おーちゃんにも(←そーちゃんのこと)
 おじーちゃんにも おばーちゃんにも
 あえんなってしまうよ」

と 話して 連れて戻ったらしい。

えらいなー。そーちゃんは。
あははははどかばき。

@@@@@@@@@@@@@
まねされる気持ちを 教えようと 思ったのに
決して 面白がってやったんじゃないよ
ほんとほんと ぜんぜん おもしろがってたわけじゃないし。

疑わしくても
↓ぽちっとな。
banner_03.gif
↑ブログランキングに参加してます。
一手間すみませぬがしかしクリックよろしくお願いします。
@@@@@@@@@@@@@

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。